脇の処理

もちろん、トマトの脇の処理です。
トマトは、茎と葉の付け根にほぼ必ず芽が付きます。これを脇芽(わきめ)と言います。
wakime4


脇芽は徐々に大きくなり、やがてつぼみをつけ、花が咲きます。この花に受粉させるかホルモン処理をすれば果実になります。

しかしながら、栽培上、脇芽を放置すると管理がとても大変になってしまいます。また、脇芽の成長に栄養が取られてしまうため、高品質なトマトを作るには邪魔になってしまうのです。

そのため、トマト栽培の現場では脇芽を折り取るのが一般的です。

ホットファームでも、脇芽は落としています。
wakime



脇芽をつまんで




横に力を加え「パキン」と折ります。
wakime2



すると、こんな感じで切り落とせます。
wakime3
この脇芽を取る作業がかなり大変だったりします。
1つのハウスに約2000株、計3棟。かつ脇芽は1箇所だけではないので、1日中作業したり連日作業することもあります。
手早くやらないとあっという間に日が暮れますが、丁寧にやらないと花を落としたり茎を折ったりするので、簡単なようでいて難しいんです。
もちろん全て人力で行います。

地味な作業ですが、品質を高めるためには大切な作業です。

お知らせを受け取る

関連する記事

  • 下葉欠きと外国人研修生下葉欠きと外国人研修生 1段目のトマトが色づく少し前、生育促進や病害防止のために不要な葉を欠 […]
  • ツナそうめんレシピツナそうめんレシピ 先日、発行された静岡県民だより7月号に掲載された地産地消レシピ 「 […]
  • ホッカーテンホッカーテン ホットファームのアップルスターは通年(年中)出荷すべく寒い冬も栽培を […]
  • ホットファームについて
  • 穫れる野菜
  • 取り扱い商品
  • 提携レストラン一覧
  • 採用情報

特集

  • アップルスター
  • Green labelレタス
  • アップルスタートマトジュース
  • 焼き鳥とワイン 志ノ蔵
  • 代表の想い。
  • 旬菜の献立。
  • 浜名湖の恵み
  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

Copyright© 2014
hot farm co., ltd.
All Rights Reserved.

ページ上部へ