植物の栄養成長と生殖成長

トマトには実は2つの成長があります!

一つは栄養成長で、茎や葉を作り自分自身を強くする成長。
もう一つは生殖成長と言って花や果実、つまり子孫を作るための成長。

これらは強く絡み合っており、どちらかに偏るともう一つは疎かになるんです。
つまり栄養成長過が強い(=茎が太かったり葉が茂りすぎている)と、
果実がならなかったり小さくなり、収量が減ってしまいます。

写真で見るとこんな感じです。

20160312063152

通常の茎

20160312063204

栄養成長が強い茎

この株は花数はしっかり咲いているのですが、、、

20160312063214

果実は全くなっていません!

この株自体は、あまりにも極端なので、先天的に栄養成長に強く偏る株のようです。
18,000株もあればこういった株も出てきます。
苗にも個性が出ておもしろいです。

お知らせを受け取る

関連する記事

  • 下葉欠きと外国人研修生下葉欠きと外国人研修生 1段目のトマトが色づく少し前、生育促進や病害防止のために不要な葉を欠 […]
  • ツナそうめんレシピツナそうめんレシピ 先日、発行された静岡県民だより7月号に掲載された地産地消レシピ 「 […]
  • ホッカーテンホッカーテン ホットファームのアップルスターは通年(年中)出荷すべく寒い冬も栽培を […]
  • ホットファームについて
  • 穫れる野菜
  • 取り扱い商品
  • 提携レストラン一覧
  • 採用情報

特集

  • アップルスター
  • Green labelレタス
  • アップルスタートマトジュース
  • 焼き鳥とワイン 志ノ蔵
  • 代表の想い。
  • 旬菜の献立。
  • 浜名湖の恵み
  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

Copyright© 2014
hot farm co., ltd.
All Rights Reserved.

ページ上部へ