年間3.5作の秘訣

ホットファームのアップルスタートマトの通年出荷の要は、栽培方法にあります。
すなわち低段密植、4段栽培を一年で3.5回転する栽培方法です。

他の農家さん達は、冬光合成と呼吸の適量になる20℃くらいで栽培されていると思いますが、
ホットファームでその気温で栽培してしまうとスケジュールに間に合わなくなります。

ボイラー用の重油使用料や作業日程など、ここはなかなか葛藤しましたがホットファームでは3.5回転の方を重要視しています。
1-3段が少し大きくなるよりも4段目を付ける方が得、ということですね。
密植で本数も多いので段数を増やす恩恵は大きいんです。

その為、冬は回転を速くする試みもしました。
それは、苗の温度を上げて葉の展開速度を早くする試みです。
葉の展開速度は気温と比例するので、花が咲くまでの間の温度を上げてやればその分早くなるということです。

これは成功しスケジュールよりも2-3日早くなりました。
しかし副作用もありました。

IMG_2169

最初から栄養成長気味になってしまいました。
この写真だとよくわかりませんね。

果実を持ち上げている枝を果柄というんですが、栄養成長が強いと上に傾くんです。
茎の太さはちょうど良いんですが、できれば水平近くに出てほしいです。
このままだとトマトが大きくなるにつれて、落ちないまでも折れちゃうかもしれません。

でもベースグリーンもこんなに濃い。

IMG_2201

成長や栽培にちょうど良い季節になってきているのもありますが、味が良いならこれでも良いかも。
冬はどうしても出荷が薄くなりますが、次のブロックは着々と大きくなっています!

IMG_2205

お知らせを受け取る

関連する記事

  • 下葉欠きと外国人研修生下葉欠きと外国人研修生 1段目のトマトが色づく少し前、生育促進や病害防止のために不要な葉を欠 […]
  • ツナそうめんレシピツナそうめんレシピ 先日、発行された静岡県民だより7月号に掲載された地産地消レシピ 「 […]
  • ホッカーテンホッカーテン ホットファームのアップルスターは通年(年中)出荷すべく寒い冬も栽培を […]
  • ホットファームについて
  • 穫れる野菜
  • 取り扱い商品
  • 提携レストラン一覧
  • 採用情報

特集

  • アップルスター
  • Green labelレタス
  • アップルスタートマトジュース
  • 焼き鳥とワイン 志ノ蔵
  • 代表の想い。
  • 旬菜の献立。
  • 浜名湖の恵み
  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

Copyright© 2014
hot farm co., ltd.
All Rights Reserved.

ページ上部へ