1.5倍

早いものでもう8月も終わりが見えてきました。
夏も終わりに近づき涼しくなるのかぁと思う一方、秋冬の足音と共に重油の単価が気にかかる今日この頃です。

夏野菜の仲間として認識されているトマトですが、夏日のように気温が極端に上がる日が続くとトマトにはどんなことが起こるのでしょう?

もともとアンデスの高地が原産であるトマトは、暑いのが嫌いです。
しかし暑いから枯れるわけではなく案外生きてはいけるんです。

ただ高温で栽培していくと花数が減ったり、実ができなかったり、茎が弱くなりやすかったりと問題は山積みです。

また気温が上がると成長が早くなり、冬の1.5倍くらいの速度で成長します。
サイクルも1.5倍、作業も1.5倍、植え替えの早さも1.5倍

そんな重い作業が重なった日は地獄でした。
しかも6,000株を栽培しているブロックが重なるものですから、そりゃもう大変でした。

まずは定植。

IMG_0218

約3,000株を2人で定植することもあります。
さすがに最低限灌水できるところまでの作業だけでも半日少しかかります。

その後、急いで次のブロックの定植用にココピートを詰めます。

IMG_0227

IMG_8054

あらかじめ少し始めてあっても夕方には終わりませんでした。
まだまだ途中です。

IMG_8055

その後、培地が乾かないうちに仮定植です。

IMG_0229

お盆の時期も重なって人員が少ない中、やっとなんとか終わりました。
これから先ほどの定植ブロックで後回しにした作業を、しっかり行います。

意外にも夏の方が栽培にシビアなハウストマト。
愛情も1.5倍で頑張ってます!

IMG_8083

お知らせを受け取る

関連する記事

  • ホットファームについて
  • 穫れる野菜
  • 取り扱い商品
  • 提携レストラン一覧
  • 採用情報

特集

  • アップルスター
  • Green labelレタス
  • アップルスタートマトジュース
  • 焼き鳥とワイン 志ノ蔵
  • 代表の想い。
  • 旬菜の献立。
  • 浜名湖の恵み
  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

Copyright© 2014
hot farm co., ltd.
All Rights Reserved.

ページ上部へ